ホーム > イベント・ニュース  > 気仙沼ESD/RCE円卓会議2019を開催します

ホーム > イベント・ニュース  > 気仙沼ESD/RCE円卓会議2019を開催します

2019.10.10 イベント・ニュース 

気仙沼ESD/RCE円卓会議2019を開催します

気仙沼ESD/RCE円卓会議2019 (概要)
日 時 令和元年11月1日(金) 10:30~17:00(午前:公開授業)
会 場 気仙沼市立面瀬小学校 体育館
主 催 気仙沼市教育委員会
    宮城教育大学ESD/ユネスコスクール・東北コンソーシアム
    気仙沼ESD/RCE推進委員会
共 催 東北地方ESD活動支援センター
参加対象/気仙沼市立幼・小・中学校教員、市内高等学校教員、大学・専門機関職員,行政担当者,産業関連団体職員、社会教育関係者、NGO/NPO関連団体職員、ESD推進関係者、地域住民 等
 
【目的・趣旨】
 「国連ESDの10年」(2005~2014)の後継プログラムである「グローバル・アクション・プログラム:GAP」(2015~2019)や,「持続可能な開発のための2030アジェンダ」として国連本部で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の下,我が国におけるESDはさらに強力に推進されようとしている。
 気仙沼市においては,東日本大震災を乗り越えながら,15年を超えるESDの実践を継続・発展させてきている。震災の影響は,様々な形で私たちの暮らしや生業に影を落としたが,その状況を受け入れ,新たな発展に向けてそれぞれが努力している。
 地域や地域の課題を捉え,「震災復興期」のなかで,新たな価値を生み出そうとしている実践に学びながら,気仙沼に生きる子どもたちの可能性を伸ばし,地域の発展に寄与する「気仙沼ESD」を推進する。
 
■プログラム(一部変更する場合がございますので予めご了承願います。)
【公開授業】 面瀬小学校のESDに関する授業       10:30~12:00
 ① 授業参観 2年:学活 4年:理科 5年:総合  
 ② 授業についての意見交流
 
【気仙沼ESD/RCE円卓会議2019】
13:00~開会行事   
 
13:10~基調講演(地球規模で持続可能な社会を考える)   
  演題 仮「気候変動と観測の取組~観測屋が実感する気候変動~」
  国立研究開発法人 海洋研究開発機構
  技術開発部観測技術研究開発グループ グループリーダー  石原靖久氏
 
13:40~講話(変化の激しい地球・社会の中の今後のESD)  
  演題 仮「急激に変化する社会の中で求められる資質・能力を育成するESD」
  日本ユネスコ国内委員会 委員,東京大学海洋教育センター主幹研究員  及川幸彦氏
 
14:20~ESD・地域事例発表  
【環境の再生】
① 演題「東京湾の再生に挑む」
講師 認定NPO法人ふるさと東京を考える実行委員会 理事長  関口雄三氏
【気仙沼市内の実践】
② 大谷中学校の実践 教諭 工藤孝幸氏
③ 面瀬小学校の実践 校長 谷山知宏氏
 
15:35~全体協議( パネルディスカッション)
- 地域の課題をみつめ,地域資源を生かし,地域全体で進める「気仙沼ESD」の今後 -
コーディネーター:宮城教育大学 名誉教授 小金澤孝昭氏
指定討論者(パネラー)            
・NPOふるさと東京を考える実行委員会 理事長 関口雄三氏
・NPO法人 底上げ 代表理事 成宮崇史氏
・面瀬公民館 館長 中井充夫氏
・気仙沼市教育委員会 教育長 小山淳
 
総括 宮城教育大学 教授 市瀬智紀氏
 
16:55~閉会行事
 
■参加申込みについて
参加申込み用紙に必要事項を記入し,令和元年10月18日(金)まで,気仙沼市教育委員会学校教育課にメールまたはファクシミリで送る。昼食を希望する場合は,申込み書に記入し,当日500円を受付で支払う。
※参加の区分
 全日(10:30~17:00)午前(10:30~12:00)午後(13:00~17:00)
 
申込用紙はこちら

ホーム > イベント・ニュース  > 気仙沼ESD/RCE円卓会議2019を開催します
ホーム > イベント・ニュース  > 気仙沼ESD/RCE円卓会議2019を開催します